2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 絵本 きんのオリゼー「はをみがこう」 | トップページ | ご無沙汰しております.. »

2010年3月17日 (水)

もやしもんエールとか

前回のもやしもん 台詞変更の指示があったのですが

理由としては「男の夢を男が壊してはいけない」を蛍は遵守しなくてはならないから

100302_05190001 こういうリアリティーは要らない という理由だそうです 

そ そうなのか 担当さんの意外な一面を見た気分です

さて

もやしもんエール 宇都宮のジョイフル本田にあるプレストンエールさんでは醸造が開始されております

Image007 麦は宇都宮の農家さんによる天日干し有機麦芽100%

普通は麦を熱風などで乾燥させつつ焦がすことでビールの鮮やかな色を獲得するのですが 今回は天日干し ですのでとても薄い色のビールになるのですが あんまり薄すぎて見た目がノンアルコールビールっぽくなるのもどうかなって事で 一割だけ炙ります

 画像はその麦を手作業で炙る プレストンエール併設のビアパブのシェフの姿です

完全手作業! 

第一弾は 4月に完成します それはエール一種類 ラベルはもやしもん風にアレンジがなされ グラス コースターなども製作が進んでおります 

その後三種類の醸造を開始し 夏には販売開始です その直前にはもう少しいろんなことがお伝えできると思いますが  基本はイブニングやプレストンエールさんからの発表が先になると思います なるべく早くお伝えしたいなあ

とはいえ 高垣さんの「龍神丸」と同じく数に限りがあるので そのあたりをご了承いただきつつ 地ビールに興味を持つきっかけにしていただければこんなに嬉しいことはありません よろしくおねがいいたします!

さて つぎは私事ですが

good!アフタヌーンのHPにて編集チーフ金井さんがブログをなさっておりますが

そこでも少し振れておられました「漫画家が原稿と格闘している姿を公開」というやつ

あれ あたいなんだ

いや なんだかんだでね 実感は相変わらず無いんですよ そりゃあ今日も原稿書きましたが これが雑誌に載って それがたまると単行本になって本屋さんに並ぶ ってのの実感が恥ずかしながら未だに一切無いわけです 

全ては何か壮大なドッキリもしくは僕の脳内妄想で 実は僕は仕事と思って書いているけど本になんか載っていなくて金井さんが原稿受け取り次第シュレッダーにかけているんではないかとか そもそも講談社なんて言う会社自体が存在しなくて 金井さんというすこしかわいそうな大人と僕の夢芝居なのではないかとか 

というわけでそれを漫画化するために「純潔のマリア」の最終回は 村のはずれの森に人知れず住んでいた女の子が官憲に保護されるわけです その女の子はボロ布をまとい雑草などで飢えをしのぎつつ 自分は魔女で戦争を自分の魔力で止めさせているとか妄想を口走り続けていて・・ 要は「魔女マリア」の全ての物語は一人のかわいそうな孤児の妄想だったということにしてしまうか というころで金井さんにののしられてまじめに考え直して今マリアの作業中

ちょっとさっきから文章が変なのですが まあ そんなこんなで あまりにも引きこもり過ぎな訳です 

だから って訳でもないんですが 作業風景そのものを見てもらうことで なかなか出ない「純潔のマリア」を少しでも身近に感じてもらえれば みないな んー 違うかなあ

深夜に一人で暇だなあ さびしいなあ って人に 僕も一人さびしくカリカリ漫画書いているの見てもらうことで「こいつも寂しそうだなあゲラゲラ」と 思ってもらえたらいいかなとw

まあ 理由はどうあれ 僕も人に作画風景なんて見られたこと無いので この際いい機会だ 「遅筆」「なまけてる」「甘えてる」「エリカ様セミヌードってもほぼCG加工じゃねえか」など いろいろ言われるのも 本当にそうなのか見て判断していただけるならいいんじゃないかなと思ったわけです

今すぐ初めてもいいくらいなのですが 一応なにかと準備があるみたいで 次回の「純潔のマリア」の作画期間となる五月上旬の二週間 のどこかでwebカメラによる作画風景の生中継をします 基本の作業時間が昼過ぎ~深夜or朝方になるので お時間があるときにでも覗いてみてくださいね 漫画家とかご大層な事言っても なんともまあ地味で陰気な職業だなあと笑えるかと思います

逆に 漫画を純粋に楽しんでいる方の中には 作画風景というのは世界観を壊される気分になる人もいるのかな?そういう方は見ないほうがいいですよね これまた難しい線引き

「純潔のマリア」は「もやしもん」に比べて背景が圧倒的にめんどくさいです 逆に 黒髪の人がいない分 髪の毛の作画時間は大幅に楽です もやしもんの黒髪の書き方はよく質問を受けるのですが ベタの上からホワイトとかではなく 一本ずつ線で書いていってるので異常に時間がかかるんです あれのもっと楽なやり方を見つけたら早くなるなー

Ca3a0096 ちなみにトーンと仕上げ前の段階で恐縮ですが 作画時間の目安として現在作画中の5月発売good!アフタヌーンにのるマリアの扉です 

これでペンの所要時間4時間くらいです 

なんかだらだらと書いてしまいましたが いろんなことが着々と順調です

といいつつ 近々プライベートやらホスピタル沙汰やら仕事やらGW進行やらで もやしもんの掲載にばらつきが出る恐れがあります もしそうなったらごめんなさい あと少しで9巻収録分そろいます 

やるぞー

« 絵本 きんのオリゼー「はをみがこう」 | トップページ | ご無沙汰しております.. »