2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« ドラマ A.オリゼー 沢木惣右衛門直保 及川葉月 | トップページ | 川浜 武藤リベンジ »

2010年2月24日 (水)

ドラマ 美里薫 川浜拓馬 武藤葵

昨日に引き続き 上級生編です

100206_04290001 美里薫 西田幸治さん(笑い飯)

「美里は西田なのは当然」と仰る方は多いと思いますが 全然当然じゃないよ!

先日記したのと重複しますが 撮影自体が12月から始まるわけです

12月と言えば 漫才師の大舞台 「M-1グランプリ」があるわけです

笑い飯さんは決勝進出決定済み しかも今年は10年目 現レギュレーションではラストイヤーの挑戦になるわけです

本職の漫才は邪魔できません 西田さんのブッキングは当然絶望的

と 思われていたのですが M-1を終えた年末 もやしもんの現場に西田さんの姿がありました

本当にありがとうございます!

余談になりますが 昨年のM-1の笑い飯には僕は感動してしまいました

笑い飯は いつも 特に決勝第二ラウンドでは 大阪の一お笑いファンの僕から見れば「笑い飯のおなじみのネタ」を組み合わせたものを披露されるという形を取り続けておられます

それを歯がゆく思う時期もありましたが 今年の笑い飯の決勝を見ていると なんだかあえて意図しているものがあるんじゃないのか?みたいな気がしてしまったんです

ここからは全くの想像ですが 笑い飯は 全国放送の漫才コンクール「M-1」という注目度の最も高い舞台 よいお客 ずらりと居並ぶ師匠クラスの審査員 それらをダシにして 「いつもの漫才 気負わないいつもの笑い飯の いつもどおりわらかす漫才」 で優勝しないと意味がないと思っているのかな? って気がしたんです  

そう思って見ていたら 笑い飯がかっこよくてかっこよくて! 

とはいえこれはただの素人の妄想なので 鼻で笑ってくださいねw そりゃそれより1000万は欲しいよね! チンポジネタは「M-1で一回やってみたかった」と ご本人たちも仰っているし 

余談おしまい

そんなこんなで西田さんです! 

西田さんにはじめてお会いしたとき 「美里って僕?」と 質問をいただきまして なんというか こんな日が来るとはと 感動半分 ごめんなさい半分

「スイマセン そうです おもいっきり見た目をパクリました」と お答えしました

もやしもん連載開始前 キャラクターを決めるに当たり どうしても大好きな笑い飯さんの見た目だけでもパクリたかったんです  「これはばれたら怒られる」と思いはしましたが そんなに続かないだろうこの漫画 と安易にそのまま連載開始 即読者さんにバレ 吉本さんからのクレームが無いかおびえ続ける日々を過ごしていました

それがご本人に演じてもらえるなんて もう感謝以外にありません

むう 長くなってしまいました 

あとこれもお知らせせねばなりません 笑い飯哲夫さんも登場してくださいます

探してみてくださいね

ちなみに 哲夫さんは書いても書いても似なかったので 漫画には不参加であります

精進いたします!

余談は書かなくても良い話なのですが 書いちゃったので長くなってしまいました 

すみません!川浜 武藤はまた後日  

« ドラマ A.オリゼー 沢木惣右衛門直保 及川葉月 | トップページ | 川浜 武藤リベンジ »