2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »

2008年8月16日 (土)

できました

Ca3a0086 いま朝の8時 次号のもやしもん書き終わりました

次の締め切りで7巻収録分がそろいます イブニング的に言えば次の次の号までが7巻です よろしくおねがいいたします~

上野の森の科博での菌の展示 前売りが始まったそうですね 僕もよく分かっていないので詳しくはTBSさんにお任せするとして

何故知らないかと言うと 僕がお手伝いする部分はきっと今からだからです 

でも準備は着々と進んでいるそうですよ  

後は何かあるかな・・今は特に動きは無しです また何か決まればお伝えできる範囲でお伝えしますね 

2008年8月 6日 (水)

今はもやしもん

Ca3a0083 もやしもん描いてます ドンドン描かないと~

なんか聞くにね 一部の内側の人から「石川にブログで好き勝手かかせるな」と ご鞭撻があるとかないとかたまに聞くのです

担当さんは 「自由にやりな 仕事とは関係ないんだから」 と言ってくださっているし 僕もこのホームページに誰からお金をもらっているわけでもないし そもそもここに来てくださる方のために書いているので さすがにそっとして置いてくださいませんか というのが本音です

というか たまに僕 担当さんの悪口とか書きますけど それは担当さんとの信頼関係が出来ていると僕は思っているからですよ とかわざわざ言わないといけないの?

そうやって苦情にいちいち説明や対応していたら 「このおでんは常温ですので熱くありませんし 収録後スタッフがおいしくいただきました」ってテロップから始まっての 苦情の受けにくい雑学クイズ番組だらけになってしまったり 舞台でもっと話芸を磨きたいのにとっととテレビに引っ張り出されてアドリブも出来ないまま飽きられてしまうとてもかわいそうな芸人さんを生み出すテレ あれ 何でこんな話しになったのかな 

ただね 本当に本音なんてネットに書ける訳ないじゃないですか

そんなことみんな分かってて ブログとか読んでくれてますよ

なんなら本当に書いてはいけないこと書いてみてもいいんですよう あのこととか♪

というわけで改めて ごあいさつを

このホームページは石川雅之個人が運営するハリボテページです

ここでの発言の責任は全て石川雅之個人が負うものであり ㈱講談社 イブニング編集部 good!アフタヌーン編集部 およびお世話になっている全ての企業様には一切関係ありません

というわけで 今後とも皆様よろしくおねがいいたします

2008年8月 3日 (日)

つらつらと

Ts3b0570 幼いころから連れて行ってもらっていて

大好きだった新世界の串かつ屋さんが閉店したと言う話を聞き びっくりした話でもしようと思ったのですが

それはまたおいおい

今日は 新創刊 「good!アフタヌーン」での連載のお話しをしますね

good!アフタヌーン編集長に どこまでここで書いてイイデスカと伺ったら まあ多少の事は書いてイイヨといわれたので 恐る恐る小出しにしていきますね

まず過去から

講談社でお世話になり始めた当初 僕は当たり前ですが全然さっぱりで なんかふらふらしてました そんな中でアフタヌーン編集部にもお世話になった時期があったんです

結果的に作品を載せることもなくお別れしたのですが そのときに書いていたネームが英仏百年戦争をテーマにしたものだったのです

ですが そのときの編集さんに言われたのが あっさり言ってしまえば「オマエみたいに無名な奴が ジャンヌダルクとか有名人使ってんじゃねえよ やり方が姑息」とのこと

今なら そりゃ違うしおかしな理論だともいえるけど その当時はなんかやたら納得してしまってスンナリ諦めたんです 

で それから数年 

今回 good!アフタヌーンにお誘いいただいて 何を描こうかなぁ と考える間もなく

アフタヌーンへのリベンジ・・・百年戦争しかない となりました

中世ヨーロッパです どんなイメージですか?

もし華やかなイメージがあるなら 捨ててください

一言で言うと陰鬱とした最悪の時代です 人々も現代とは価値観が全く違うんです

でも そんなのをそのまま描きません いや 時代には忠実に描く為に勉強していたからそこはチャントしますが 

自分が楽しくないものは描いても楽しくないので・・ 

そして百年戦争に詳しい方には申し訳ないのですが 今回はゲクランも黒太子もジャンヌダルクも出ません

それがアフタヌーンに対しての僕なりの再挑戦です 

そして今回 good!アフタヌーン編集長のご尽力で いろいろと面白いことが出来そうです

おいおいお伝えできればと思っておりますです

そしてピンボケ写真は おいおいといいつつ書くタイミングを失った 講談社漫画賞の二次会にて です

« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »