2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »

2006年4月28日 (金)

フランス語?

COURRIER INTERNATIONALです
なぜか紹介されました
記事の横には大きく「農」の漢字が

クーリエと講談社が提携してるから?
にしても なぜなのかな・・

とりあえず
ボンジュール

2006年4月26日 (水)

特装版と通常版の違いって?

全て知っているのは編集さんだけ
僕が知っている限りでの話になりますが

双方とも掲載されている内容は当然同じです

表紙のカバー 帯 カバーはずしたところの絵が違います
要は見た目が違います 

そのくらいしか教えてもらえませんでした
ええええーと 作者なんですが・・・

でもまぁそんなに大差はありません
だって もやしもん単行本は元々ページが多いから
アレ以上ページを増やしたら価格が変わってしまうはずですから

以上憶測に近い報告です
非力でスイマセン

2回目です

イブニング次号予告にもやしもんって書いてもらえなかったのは

本当は気にしてるけど気にしてません♪
もう原稿もとっくに校了されてるはずですもの

いつかこの調子で「もやしもんは前号が最終回でした」
ってなことにならないよう
本当にががががんばります

2006年4月23日 (日)

もどりました

疲れたです
ようやく特装版決まりました

で 僕が前から好きな
渋谷のトルコ料理屋に行きたいと編集さんに言うと
遠いから近くにあるトルコ宮廷料理に行こうとのこと
で 行って見たら食べてる途中に突然始まるダンス
踊り子が衣装の胸元に千円ぶら下げて客をいじりだす
「千円はさんで~」って くねらせる腰
どこが宮廷やねんと編集さんとうつむきました

で 店を出るときに まぁどこでもありそうなストラップをもらう
「これはあなたに降り注ぐ禍々しき不吉を全て取り払うお守りよ」
あなたのダンスが一番禍々しかったです 

2006年4月22日 (土)

休んで何してるの?

原稿です~ 書き溜めできるほどは進んでないですが
いつもどおりの毎日です

3巻の準備はだいぶ前に完了してます
ただ 3巻には特装版ってのがあるようで
それについていろいろ憶測を生んでしまってますよね
通常版が表紙は白黒で特装版はフルカラーだとか
特装版だけの読みきりがついているとか

本当のところを言いますとですね
明日東京に行って決めるんです どんなものにするのか
大丈夫か もやしもん

2006年4月13日 (木)

のだめカンタービレ♪

かもしました
今更ですが とんでもないことをした気がして怖くなってます

うちの雑菌どもが「のだめカンタービレ」の雰囲気を邪魔したらどうしようと
いちのだめファンとして とても不安でしたが
出来上がったKISSをみて消し飛ぶ杞憂
のだめはのだめデス

お邪魔しました~

次はこちらの番です どうやって使わせてもらおう・・
こちらは東京 あちらはフランス 
・・・・・
あっ 
峰くんの予定はあいてるかな? 

2006年4月 1日 (土)

レールゴーサービスがなくなって

やっぱり困りました
朝6時から受付開始の西濃運輸の新幹線便に乗せる為
徹夜で書き上げた足で朝の高速に乗りました
環状線は通勤の戦争 湊町の合流はいつも喧嘩みたいで
寝てない僕には大変
レールゴーの受付は5時からだったので
まだ車のいない高速をスーっと行けたのですが
1時間違えばおお違い 風景は朝です

で 新大阪のコンビニで原稿のコピーして宅配便へ
今回も終わった~ 次の原稿までにいろいろな病院通おう
 と帰宅就寝

お昼に電話 編集さん「最後の1ページが無いよう」
ああ 間違いなく新大阪駅のコンビニのコピー機の中です
思い起こせば 早く眠りたい一心で いろいろと確認を怠っていた自信がアリマス

その後原稿も見つかり何とか事なきを得ましたが
疲れたままの行動は危険ですね
今度から電車にしよう

2006大吟醸龍神丸  前編

この書き込みは2編に分かれてます
前編 後編とお読みください

発売開始の途端 完売したそうですね
僕は只 漫画で紹介しただけの部外者ですが うれしいです♪

 ただ 2006大吟醸龍神丸を購入に成功された方で
ここをごらんの皆様 少しお話を聞いてください

日本酒というのは新鮮なほどおいしいというのは当然なのですが
同時に日本酒には「秋あがり」という現象があるんです
これは日本酒が暑い夏を乗り越えた途端 なぜか味に深みが出るという よくわかんない現象です 熟成のひとつなのかな?

実感で勝手なことを言いますが 初めて飲んだ龍神丸は2004年でした そして定期的に購入するようになったのですが 去年と同様に年を越すまもなく2004も売切れてしまいました
 で 2005年版の登場を待つわけです
で 2005が出た途端うれしーってなもんで購入して飲みました 今ぐらいの季節です 
 でも届いた夜に飲んだその2005はアルコールがとげとげしく感じ 2004に比べて明らかに劣ると思ったんです
 ただ2005に関しては 高垣さんにお願いして 夏 秋 冬と 年を通して飲める体制を作っていただいたんです 
で 飲むと季節を追うごとにあからさまに味が上がりました どんどん2004年に感動したあの龍神丸になっていったんです

2006大吟醸竜神丸 後編

要は 強要なんてするつもりはありませんがお手元に届いても
すぐ開けず我慢してほしいんです(重ねて恐縮ですが あくまでも僕の個人的な意見です)
一升瓶は冷蔵庫では場所をとります 邪魔です
でも そこを何とか乗り越えてもらいたいんです せめて夏まで
できたら秋まで そしたら本当のスペックが出るはずなんです
ひょっとしたら ワインなどの様に味を開かせる方法があるのかもしれませんがよくわかりません・・ 

日本酒は醸造酒なので開栓の瞬間から劣化します
冷蔵しても 開栓していればどうしても風味やなんやは落ちていきます
逆にしっかり管理すれば季節を越えて 更に味に深みが加わるんです 
 生産者の高垣さんを差し置いてこういうことを言うのはおこがましいとは重々承知しています 基本的に届いた時点で飲んでも大吟醸龍神丸はすばらしいお酒です
 ただ「もやしもん」をみて 興味を持っていただいた皆様に 
よりこのお酒をベストな状態で飲んでいただきたい と思い 勝手な主観を書かせていただきました

2006年の大吟醸龍神丸は もう手に入りません
購入できた皆様 それが今年の飲み初めであり 締めです

是非ご一考ください

« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »