2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« http://www.surstromming.se/ | トップページ | 農志会よりお知らせです »

2005年11月25日 (金)

中身


和風に盛り付けてみましたが
美味しそうではないか なんて思わないで下さい
欧米の人がマツタケの香りを生理的に受け付けないように
これの臭いは僕は全く大嫌いでした・・

オイルサーデンやアンチョビとは 全~く方向性が違います

想像を超えるなんて人生でそうそうありませんが
想像していた「悪臭」なんて遥かに凌駕するフレーバーです
臭いっ!て思った瞬間に全く同じ新鮮な臭気が更に鼻に割り込んでくる
それのエンドレスでひたすら臭いにおいが畳み掛けてきます
残酷です 臭いのリンチです

で この魚の間から何やらのぞいてるプツプツ
卵です 汁とよく絡まってピンク色♪
口に含めば体が拒否して震えました 
脳みそからの「吐き出せ」の声が聞こえました 飲み込んだけど
次の日ゲップがこの臭いで止まらなかったです

でもひょっとしたら焼いたら何とかなるのかな 
みたいな期待も持ってみたのですが
うーん やっぱりもういいです

以上シュールストレミング補完でした
おそまつさまでした

« http://www.surstromming.se/ | トップページ | 農志会よりお知らせです »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 中身:

« http://www.surstromming.se/ | トップページ | 農志会よりお知らせです »