2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 05龍神丸が | トップページ | 05年版龍神丸 »

2005年4月 1日 (金)

アル添酒 三増酒 と 今の日本酒の違いは何か

ご質問がありましたので 多くの酒蔵さんに代わりまして 未熟ですが回答させていただきます(温存ネタ帳からの抜粋ですが・・)

例えば今回「もやしもん」で名前をお借りした 高垣酒造場「龍神丸」には
「醸造アルコール」が添加されています
ですがそれは俗に言う「三増酒」「アル添酒」とは全くちがう志で添加されたものです
簡単に言ってしまえば「柱焼酎」という大昔からある 酒の味を上げる技と思っていただければいいと思います 
醸造アルコールの添加量はとんでもなく少しの割合なのです

じゃあ「三増酒」「アル添酒」というのは何?といいますと
少しの量しか作れなかった日本酒に大量の醸造アルコール(さとうきびのカスから蒸留した無味無臭のアルコール)を注いで薄めたまさしく
「三倍希釈日本酒」「アルコール添加日本酒(むしろ日本酒を添加したアルコール)」です
 これは戦中戦後の物不足時代に大活躍した苦肉の策で いまだに一部残っているトコロもあるかもしれませんが 合成酒とともにその役割は終えるべきと 僕は勝手に思っています

実際 この世で一番高いコメ「酒造好適米」を半分以上精米して造った日本酒を醸造アルコールで薄めて出している蔵なんて今は多分存在しません
それは家庭で例えるなら10キロのおコメを買ってきて6キロは捨てて
残り4キロをシャパシャパの薄いおかゆにして「おにぎり」と言い張って食べるようなものです 割が合いません

そんな感じですので 現在の日本酒のラベルに書かれている「醸造アルコール添加」の記載は 何の問題もなく その酒はその蔵の味であると思っていただいていいのです♪ あとは好き嫌いだけです 
同じ蔵の純米酒と比べてみるのも面白いかもしれませんね

これでいいのかな・・かいてて不安 本当はもっとちゃんと書かないと怒られる部分もあると思いますが 長くなっても何なので・・
酒関係の方 補説や間違いがございましたらご指導ください~

日本酒は難しいです でもいろいろ面白い話もあるんですよ
 
「もやしもん」でももっと きっちり日本酒のことが出来れば楽しいかなとも思いますが どうなることやら・・
「醸造学科物語」にタイトル変更ですか
 

« 05龍神丸が | トップページ | 05年版龍神丸 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アル添酒 三増酒 と 今の日本酒の違いは何か:

« 05龍神丸が | トップページ | 05年版龍神丸 »