2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2004年1月 | トップページ | 2004年3月 »

2004年2月27日 (金)

チャレンジ

の 一環として
糠づけをはじめました
きゅうりやなすびはおいしいのは知ってるけど

ほかに何か奇抜なものをと挑戦中

ゆで卵はなかなかいけました
次はりんごに挑戦

でも 要は塩味と ちょっとした糠の味がつくだけなので
ほとんどのものは味が想像できてしまう

劇的に美味に化学反応が起こってほしいと願う毎日です

2004年2月22日 (日)

その他酒類

サントリーホップスから始まった発泡酒祭り
(昭和初期には発泡酒あったらしいですが)
今度発泡酒ですらないビール味のお酒が出ましたね
そうやって企業は努力してるのに
また酒税法改正して そういうのからも税金取るんだろうぁ

お酒は 特に日本酒なんですが 当たりはずれが激しいのに
種類が多くて 本当に自分が好きなものに出会うのにはものすごい労力とお金と鉄の肝臓が必要です
蔵元の販売努力不足というより 酒販店の知識不足を感じます
せめて自分で仕入れるんだから そのお酒の最低限の情報は持っててほしいです こっちは知識ないんだから
山田錦100%!!とかいいながら死ぬほどまずい酒もあるし・・
山田錦の精米歩合100%なのかと思った
(山田錦ってのは 今日本を代表する酒用のお米で おいしいお酒を造るために 酒蔵さんはその米を5~60パーセントまで削って使います 大吟醸にいたっては35パーセントまで削ります 要は1トン買っても350キロしか使わないの その場合「精米歩合35%」となります)

大手さん アルコール添加は別に全然してもいいけど酒をうまくしてよ
できないならアル添じゃなくて水だけで薄めてください アルコール度薄くてもそのほうがまし
その蔵の味が分かる酒を~

世界の20パー弱が飢餓なことを考えたら なんて贅沢なことをこいつは言ってるんだろうとかそんなこといわないでください

2004年2月17日 (火)

むなくそわるい

大学の後期試験も終わり
学生でないぼくにも図書館が開放されました♪
で 必要な本を借りて帰宅

図書館の本なのに どっかの誰かが本に線引いてる・・・
その線引いてるのをページめくるごとに見つけるたびに
いらいらする
なんで借りた本にこんなことできるやつがいるんでしょう
またその線引いてるところはどうでもいい基礎中の基礎だったりする 知識欲からの発露ではない ただここを頭に詰め込めば単位もらえるからいいみたいな部分

まぁ その本自体 政府刊行物のような 著者の知識の披瀝と屁理屈で矛盾を覆い隠す意図が見えるような あまりにも上から見下ろした胡散臭い本だったので 
こんなのに線引くやつも合わせてどうにもならないなー と 変な納得をして本を閉じてみました

図書館の本に線を引いちゃだめ
意味がないから

2004年2月14日 (土)

呂布奉先

このまえ東京に行くとき新幹線「のぞみ」に乗ったんですが
車内アナウンスとかの前に流れる音楽が変わってました

よくきくとTOKIOなんですね

前のほうがよかったなー・・
なんかTOKIOっぽくもなくなってるし 
どっちつかずな感じしないですか?

好きなのはひかりの音楽 なんか「ちちんぷいぷい」みたいな感じのやつ(関西ローカルですいません)
それを聞きたいがためだけに「電車でGO!」の新幹線編を買いました

そして 「戦国無双」も買って見ました というか嫁がめずらしくゲームをほしがったので買ったんですが
 嫁は「真 三国無双」が好きだったんです 「天誅」は難しすぎて彼女は大変そう
「三国無双」には 呂布がいるからってのが 理由 振り回してたら勝てるからね

 今回の「戦国無双」は難易度上がって大変そう 困惑している模様
がんばって育てるのじゃ

2004年2月12日 (木)

大阪府立大学の図書館が
後期の試験のために 一般開放されてないので
電車で難波へ
ジュンク堂で 本を買いあさって勉強中です

僕は本を読むのが遅いです
この前編集さんから「もっと漫画に触れろ」と
漫画喫茶に行く事を勧めてもらい
早速嫁と一緒に向かったのですが
僕が3冊読む間に 嫁は10冊は読んでました
ちゃんと 絵みてる?

そんなこんなで「文字のみ」になるともっと遅くなって
学術論文や歴史考察の本とかを読むと
ほんとに遅いんです なんか読んでも自分の頭にイメージの映像が出ないと前に進めないというか そんなでいつの間にやら深夜

本を読むのも才能なのかな

2004年2月10日 (火)

素敵な日

和歌山の高垣酒造さんに勉強にお邪魔させていただきました

杜氏さんお一人ですべての工程を手がけておられる酒蔵で
「こだわる」ということの心意気を見せていただきました

おそろしいまでに清々しくて それでいて「夢」で片付くような幻想ではなく しっかりとそこに息づく伝統の継承者 みたいな

なんか文字にすると胡散臭くなってしまってなんなんですが
すべてがとても勉強になりました
僕の頭はスポンジみたいにギューギューそれを吸い込みたいと思って でもそんなんじゃない なんというか・・
とにかくすばらしい一日でした
本当にお礼のしようがありません
帰宅して 原酒と吟醸酒の吟醸の方を楽しませていただきました
おいしいーーーーー

日本酒への偏見・先入観 勘違いが一掃された日でした

2004年2月 8日 (日)

夢だけは大きく

賃貸に住んでます
こんな掛け捨てみたいな暮らしより
そりゃあ家とかマンションとか欲しいのですが
まったくローンを組ませてもらえません
まぁ 自分でも自分の将来には不安あるから当然の話

開き直ってマンション会社に愚痴交じりに「売ってよ」って電話したら
「ローンなんて組めますよ♪ パンフお送りします~」って届いたのは注文住宅のパンフ
買うって言ったら駄目って言うくせに夢ばっかり与えるんだから・・

ああ せめて足の伸ばせる風呂が欲しい

2004年2月 6日 (金)

風邪引きました

ただいま人物の書き分けを練習中です
男は簡単なんですが 女はむずかしいなぁ

そんな時
僕はBoAがすきなのか ローライズジーンズが好きなのか
ちょっと考えてみました
ひょっとしたら後者なのかも
服に負けることってないですか?
服装だけを見て今日いけそうな女に「好き」って言ってしまって失敗した人は多いはず
ああ 今年30になるのに頭の中は進歩してないなぁ

とか言いながら こんなことを安物焼酎「大五郎」とちょっとしたアテで 朝まで語る大学生の輪に入れてほしい

2004年2月 1日 (日)

無神論者なんですけども

酒も手伝って 自信のないことを書くんですが

横綱が横綱としてふさわしくないとかいう話
聞いててわからなくはないんですけど・・
 間違ってたら申し訳ないんですが 横綱は「しめ縄」巻くだけに
ほぼ「神」に近いものになるんじゃなかったでしたっけ?
だから目の前を歩いてたからってペシペシ肩とか叩いたり
へらへらと話しかけてはいけなかったんじゃなかったかなぁ
 だからこそ横綱本人の心持ちが大切なのもわかるんですが
なんか一人を攻撃して世間の間違いのほうは指摘しない みたいな
 弱~い感じがしてしまったんです

ヤハウェだって自己中で残虐で嫉妬深かったわけですし
横綱もそんなんでいいと思うのは多分僕だけかな・・
 OBより口やかましいのは 「そもそもは無関係な人間」って法則はどこでも・・って僕ったらオコガマシスギマスネ・・

そんなことより あのうそつき議員さんは 金要らないから議員でいたいとか言いながら そうやって乗り切って議員年金を狙ってるのかな 
報道もじきに静かになることを考えたら やっぱりあの人うらやましぃ

要は今年もボラちゃんは大量発生してカワウが飛来するのを ワイドショーは追いかけるのかなってことです

« 2004年1月 | トップページ | 2004年3月 »