2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 癒し系 | トップページ | 驚異の小宇宙 »

2002年12月13日 (金)

そのとき歴史が動いた

NHKの歴史番組なんですが
今どんな番組より最高に面白いです
(http://www.nhk.or.jp/sonotoki/)

数ヶ月前の「大村益次郎」の回を見て はまりました
今週は忠臣蔵がテーマで 大石内蔵助と主税親子の話でした

あと一寸で泣くとこでした
途中は丁寧に丁寧に解説してくれて でもラストはずばっとおわる
渋すぎる構成です

大石内蔵助切腹のとき 細川家の人が「何か申し残すことはござらぬか」と聞いたらおやっさん
「何かと御心をつけられかたじけないが、申し残すことは何もない」
で エンディング しぶすぎるーーーーーーーーー
どんな忠臣蔵のドラマより感動

男としてやり遂げた人だけが言える言葉なんでしょうね~
ってかんじ

来週も見よ~っと
来週は・・・ベートーベン

ビミョーー

日本史好きなもので・・・

« 癒し系 | トップページ | 驚異の小宇宙 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: そのとき歴史が動いた:

« 癒し系 | トップページ | 驚異の小宇宙 »