2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« ひさびさに報告 | トップページ | ひさひざさに »

2002年7月24日 (水)

赤い湯屋は ポケモンの再来

千と千尋のビデオとDVDが発売されたけど
なんか画面全体が赤いらしいね
それは「見るのがイライラする」「全編夕焼けかと思った」「子供が泣き出した」
というんやから よっぽどらしい
で 欠陥かと思ったら
意図的に赤くした「仕様」らしくて それでいいと言ってるらしい
映画館で見た状態を限りなく再現してる とかうんたらかんたら
わしゃ映画館で見たけど 白は白やったし 空も青かった
赤みなんてかかって無かったよ

要は映画館で見た「千と千尋の神隠し」は二度と見れません
赤に染まったチカチカする画面で楽しむ方法を考えないと駄目らしい

ま そんなに面白いと思わなかったから 見なくてもいいけどね
ぼくも駿オタクやけど いいと思えなかった

それより 背景や 色を担当した人たちはそれでいいのか??
真っ赤っかにされてオッケーなんて プライド持ってした仕事じゃないの?
宮崎駿も チェックした上での発売らしいから いいんやろーね なんか 作った作品に加工入れないと売れないのなら売るなよって気がする

僕の中で駿は「もののけ姫」で完璧満足したからいいけどね もう どーでも

それと このことは 
マスコミは知ってて報道してないのでしょうか

« ひさびさに報告 | トップページ | ひさひざさに »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 赤い湯屋は ポケモンの再来:

« ひさびさに報告 | トップページ | ひさひざさに »