2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« そこは気づかず | トップページ | ワオーーーーーーーン »

2002年7月13日 (土)

もう邦画は現代劇しかみない

アタックナンバーハーフって映画を見た
オカマちゃんがバレーでチーム組んで活躍するってやつ
無意味なエピローグまで終始面白かった 
あれはタイの映画かな

陰陽師みた
オタクが巨費を投じてかつての心霊オタクを妄想したってやつ
死ぬほどつまらなかった 悲しくなった
あれは15年前の作品かと思った

「梟の城」 「天と地と」 近年話題の時代劇は全部ひどかった

こんなくそ時代劇を作った人は
黒澤明の映画を見て何も感じなかったのだろうか
「羅生門」のリメイクで「MISTY」ってのがあったな
あれまたひどかった 面白半分でも見ないほうがいい

エンターテイメントの時代劇を目指すというなら 
大人のゴレンジャー「必殺仕事人」の映画を見直してほしい
あの時代 真田広之は輝いてた
今は葉月に輝いているらしい

また?
  

« そこは気づかず | トップページ | ワオーーーーーーーン »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: もう邦画は現代劇しかみない:

« そこは気づかず | トップページ | ワオーーーーーーーン »